【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したか

新型コロナウイルスはいつから流行し始めたのでしょうか。

新型コロナウイルスの発生国は中国で、細かい地域をいうと「湖北省武漢市」になります。

日本国内でもいつの間にか流行し始め「コロナっていつから発生してたの?いつ発見されたの?」とギモンに感じる人も多いと思います。

そこでこのページでは、

「新型コロナウイルスはいつから流行し始めたのか?」

「新型コロナウイルスはいつ発生したのか?いつ発見されたのか?」

などについて調査してみました。

 

★最大50%オフで国内旅行ができる「Go Toトラベルキャンペーン」が7月22日からスタート予定★

\GoToキャンペーンについてはコチラ/

Go Toキャンペーンとは?使い方や手続き【わかりやすく解説】

新型コロナウイルスは「中国」でいつ発生・発見されたのか?

「新型コロナウイルス」が中国で発生したのは「2019年12月8日」と報じられていました(Yahooニュース)。

中国の湖北省武漢市で2019年12月8日に発生した新型コロナウイルスによる肺炎が、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)のように感染が広がるのではないか――。

出典:Yahooニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00010000-moneyplus-bus_all)

つまり「新型コロナウイルスの1人目の感染者」は、2019年12月8日に中国で発見されたということになります。

日本国内で感染者の報告が出た&ニュースで報じられたのは2020年1月に入ってからです。

しかし中国では、2019年の時点ですでに発生していたのですね。

発生国が中国ということで、中国製マスクの安全性が気になっている人も多いです。

中国製マスクの安全性については「マスクが中国製だけど大丈夫か?安全性を確認できるマークがあった!」にまとめています。

マスクをした犬マスクが中国製だけど大丈夫か?安全性を確認できるマークがあった!

「COVID-19」という名前は「2019年」の意味もある

今回の「新型コロナウイルス」は世界保健機関(WHO)によって「COVID-19(コビッド・ナインティーン)」と名前がつけられました。

名前が決まる前は「2019-nCoV」と呼ばれていました。

どちらも「2019」「19」という数字がついています。

このことからも「新型コロナウイルスの発生時期は2019年」だということが分かりますね。

「コビッド」って呼ぶ人はあまりいないけど。

テレビでも「新型コロナウイルス」が多いね。

ちょっと言いづらいよね。

なんで「コビッド」になったんだろ?

なぜ「COVID-19」という名前がつけられたのか?

理由については『「COVID-19」読み方や名前の由来・意味を解説【新型コロナ】』に分かりやすくまとめています。

名前に発生国の「武漢」がついていないワケも説明しています。

「COVID-19」読み方や名前の由来・意味を解説【新型コロナ】

新型コロナウイルスは「日本」でいつ発生・発見されたのか?

「新型コロナウイルス」が日本国内で初めて発生または発見されたのは「2020年1月16日」ごろです。

つまり、日本国内で1人目の感染者が発覚したのが2020年1月16日ごろということですね。

 





日本での感染始まりは?国内の感染者1人目~3人目

日本国内で初めて報告された感染者は中国人男性でした。

2人目、そして3人目も中国人です。

1月16日に感染確認▼

性別(年代) 国籍 住居 考えられる感染経路
男性(30代) 中国 神奈川県 武漢市に滞在のため?

この中国人男性が日本国内で初めての感染者となります。

1月3日に中国武漢市に滞在中、発熱があったそうです。

1月6日に日本に帰国(解熱剤を飲み検疫を通過)。

その後、発熱のため神奈川県内の医療機関を受診しています。

武漢市で肺炎の症状がある患者と暮らしていたとのことでした。

1月3日の時点で発熱があったとのことなので、武漢市で感染したまま日本国内に入国した可能性が高いです。

1月10日は高熱で39度ほどあり入院していましたが、1月15日には退院したようです。

中国からの輸入例

1月16日に日本国内でも新型コロナウイルス感染症の患者が報告されました。神奈川県の30代男性が、1月3日発熱が出現、1月6日に中国の武漢から帰国、同日、医療機関を受診、1月10日に入院し15日にすでに退院しているとのことです。

出典:Yahooニュース(https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200121-00159703/)

1月24日に感染確認▼

性別(年代) 国籍 住居 考えられる感染経路
男性(40代) 中国 武漢市 武漢市に在住のため?

日本国内で2人目の感染者は、中国の武漢市在住の中国人男性です。

日本観光のために1月19日に来日。

武漢市にいた1月14日にすでに発熱があったため、武漢市での感染したまま日本国内に入国した可能性が高いですね。

1月25日に感染確認▼

性別(年代) 国籍 住居 考えられる感染経路
女性(30代) 中国 武漢市 武漢市に在住のため?

日本国内で3人目の感染者は、中国の武漢市在住の中国人女性です。

日本観光のために1月18日に来日。

1月21日に発熱・咳の症状があったとのことですが、1月22日に東京都内を観光したとのことでした。

1月18日の時点では症状はなかったようですが、武漢市在住のため、武漢市で感染した可能性が高そうですね。

 





日本人感染者1人目はいつどうやって?

日本人感染者1人目が発生したのは1月28日ごろです。

60代男性、武漢市からの観光客を乗せたバスの運転手さんです。

1月8~11日&12~16日に大阪⇔東京を運転し、およそ9日間にわたり武漢市からの観光客を乗せたバスを運転していました。

中国への渡航歴がないことから、感染経路は中国人観光客の可能性が高そうですね。

1月14日に咳や関節痛の症状が出たようです。

バスのなかは密閉空間であり、多くの人で密集しています。

観光なのでおしゃべりもたくさんするでしょうし、お互いに手で触れることもあります。

そのため「接触感染」「飛沫感染」どちらも考えられますね。

感染しやすい場所については「【新型コロナウイルス】感染しやすい場所・感染しにくい場所はどこ?」にまとめています。

【新型コロナウイルス】感染しやすい場所・感染しにくい場所はどこ?

人から人にカンタンにうつるって、

まだハッキリ認識されていなかった時期だね。

 





「WHO」に新型コロナウイルスが報告されたのはいつ?

世界保健機関(WHO)に「新型コロナウイルス」が報告されたのは、2019年12月31日と報じられていました。

中国国内では、2019年12月30日に「原因不明の肺炎が広がっている?」とウワサになったことがあったようです。

ウワサの理由はネット上に内部報告の公文書「原因不明の肺炎救援工作をよくすることに関する緊急通知」が流出したことです。

12月8日:
中国・武漢市で原因不明の肺炎患者が発生。

30日:
インターネット上で中国当局の公文書「原因不明の肺炎救援工作を良好に実施することに関する緊急通知」が流出。

31日:
中国メディア「第一財経」が、ネットで流出した文書が本物であること、12月8日に最初の患者の報告が行われていること、感染者が市内の華南海鮮市場の出店者であることなどを報じる。中国当局が事実を認め、WHO中国事務所に病例を報告。

出典:Business Journal(https://biz-journal.jp/2020/01/post_138316.html)

2019年12月30日の時点では「公文書はニセモノ」という声があったようですが、コレがじつは本物だったということです。

公文書が流出した翌日の2020年12月31日に中国メディア「第一財経」が公文書が本物であることを報道し、このときはじめて中国国内で「新型コロナウイルス」の存在が知れ渡ったことになります。

 





新型コロナウイルスの情報公開が遅れた理由は?

中国の湖北省武漢市の市長(周先旺さん)は「新型コロナウイルス」の情報公開が遅れたことを認めつつ、下記のように話していました。

「地方政府として情報を得ても権限が与えられなければ公表することができない」

出典:Yahooニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200128-00000020-jnn-int)

「新型コロナウイルス」の発生日は2019年12月8日。

そして発生源と言われていた「華南海鮮城」が閉鎖されたのは2020年1月1日。

つまり、およそ1ヶ月ものあいだ、無防備にコロナウイルスが拡散されていたことになります。

「華南海鮮城」は多くの買い物客でにぎわっていたので、集団感染もあり得ます。

日本では、いまスーパーでのソーシャルディスタンスも重要視されていますね。

「スーパーマーケットで買い物するときの感染対策」については「新型コロナで買い物どうする?スーパーマーケットで感染リスク下げるには」にまとめています。

スーパーでのコロナ感染リスクは?買い物するときの対策はどうする?

人との距離をあけることが大事!

 





まとめ

まとめると・・・

  • 中国で新型コロナが発見されたのは2019年12月8日ごろ。
  • 日本で新型コロナが発見されたのは2020年1月16日ごろ。
  • WHOに新型コロナが報告されたのは2019年12月31日ごろ。
  • 日本国内での感染者1人目は武漢市滞在歴のある中国人男性。
  • 日本国内での感染者2~3人目は武漢市からの中国人観光客。
  • 日本人感染者1人目は武漢市からの中国人観光客を乗せたバスの運転手さん。

今回は「新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したのか」と題しまして、新型コロナウイルスがいつ発生したのか?いつ発見されたのか?日本での流行は?などについてまとめてみました。

新型コロナウイルスの感染を予防するには「手洗い」「換気」などが有効的だと言われています。

手洗いは毎日、自宅でも職場でもできますよね。

手は公共の場所をたくさん触るので、ウイルスが付着しやすいです。

自分にできる感染対策を行ない、自分や家族、まわりの人の命を守りましょう。

「温泉」や「映画館」については、感染リスクが少ないという専門家の方々の見解もあります。

感染対策をしっかり行いつつ感染リスクの低い場所でリフレッシュするというのも、精神的に良いと思いますよ。

映画館の感染リスク・感染対策については「【新型コロナウイルス】映画館は大丈夫?感染リスクは?対処法も紹介」にまとめています。

【新型コロナウイルス】映画館は大丈夫?感染リスクは?対処法も紹介

温泉の感染リスク・感染対策については「温泉は行っていい?コロナうつる?感染リスクは低いがサウナは注意!」にまとめています。

温泉は行っていい?コロナうつる?感染リスクは低いがサウナは注意!