テレビで紹介!芸能人も愛用のグッズ&グルメ

トマトについた農薬の落とし方3つ【正しい洗い方も解説】

トマトが大好きでよく食べるけど、農薬が心配。

皮ごと食べたほうが栄養あるって言うし・・・。

日本はキレイでおいしい野菜が食べられる国です。

トマトなんかも真っ赤でツヤツヤ、甘くておいしいですよね。

おいしくてキレイなトマトをつくるには「農薬」が必要です。

無農薬の野菜ももちろんあります。

ですが、ほとんどの農家では農薬を使用しています。

農薬は人体に悪影響がない範囲で使用されているけど・・・

やっぱり気になるんだよね。

今回は野菜のなかでも「トマト」について「農薬の落とし方」「農薬を落とす洗い方」をご紹介していきたいと思います。

トマトは農薬がよく使われる野菜

トマトは害虫に弱いので、農薬が使われることが多いです。

「残留農薬ランキング」では第10位にランクインしています。

トマトを皮むきして食べるとリコピンを逃がしてしまう

「農薬が気になるのであれば、皮むきをして食べればいいのでは?」

と思っている方もいます。

ですが、トマトは皮むきをせずに食べるのがオススメです。

なぜなら、皮付近に大事な栄養素「リコピン」が含まれているからです。

リコピンを逃さないように、農薬をキレイに落として皮ごと食べましょう。

さっそく「トマトについた農薬の落とし方」を見ていこう。

トマトについた農薬の落とし方3つ

トマトについた農薬の落とし方を3つご紹介します。

①「流水」でこすり洗いをする

水を流しながら、30秒ほどこすり洗いをします。

サッと水をかけただけでは農薬が落ちにくいので、しっかり洗いましょう。

②「重曹水」につけて洗う

水に重曹(小さじ1杯)を溶かします。

その重曹水に、トマトを30秒ほどつけてください。

つけたあとは、水で洗い流しましょう。

もちろんトマト以外の野菜や果物もつけてOK♪

重曹は、国産&食用のものが安心です。

「アレスヘルスケア」の重曹は日本製で、食べても安心。

ベーキングパウダーやアク抜き用にも使われています。

重曹は、野菜の農薬除去に使っている人も多いよ。

掃除や洗濯にも使えるからとても便利♪

③農薬を落とすスプレー「ベジシャワー」で落とす

「ベジシャワー」を使うと、農薬も展着剤もキレイに落とすことができます。

農薬がキレイに落ちて安心

「ベジシャワー」について、くわしくは後述しています。

野菜・果物を水洗いするときの注意点2つ

野菜・果物を水洗いするときの注意点を2つご紹介します。

①水に長くつけすぎるとビタミンが流出するので注意

野菜・果物を水洗いをするときは、水に長くつけすぎないように注意しましょう。

水に長くつけすぎると「ビタミンが流れ出てしまう」からです。

水に溶けるビタミンを「水溶性ビタミン」と言うよ。

「ビタミンC、B1、B2」とかだね。

トマト以外にもイチゴ・ほうれん草・キャベツとか・・・

ビタミンは多くの野菜・果物に含まれているよね。

せっかくビタミンCがとれるのに、水に流してしまうのはもったいないですよね。

②展着剤を使っていると水洗いでは落ちにくいので注意

たとえば、トマトについた農薬は、簡単な水洗いでは落ちにくい場合があります。

なぜなら、農薬といっしょに「展着剤(てんちゃくざい)」を使っていることがあるからです。

「展着剤」とは?

展着剤とは、野菜・果物に農薬をくっつける働きをする薬剤です。

展着剤を使うと、雨が降っても農薬が流れることはありません。

そのため、展着剤を使っている場合は水洗いしてもキレイに落ちないことが多いです。

農薬が落ちたら意味ないから展着剤を使うんだね。

でも、水洗いでカンタンに落ちないのは気になる。

下記は「水洗いの場合」と「ベジシャワーで洗った場合」の比較です。

洗ったあとの水の色が違う・・・。

水だけでは落ちていないことが分かるね。

「水洗いしたけど、ちゃんと落ちたか不安・・・。」

という場合に「ベジシャワー」が役立ちます。

「ベジシャワー」とは?農薬も展着剤もキレイに落ちる

「ベジシャワー」は、野菜や果物についた「農薬」「展着剤」をキレイに落としてくれるスプレーです。

成分は「アルカリイオン水」です。

「アルカリイオン水」とは?

アルカリイオン水とは、水道水や食塩水を電気分解したものです。

「料理」「洗濯」「美容」分野にも使われ、効果・効能も幅広いです。

「汚れの除去」などの洗浄能力も高いといわれています。

なるほど。

アルカリイオン水は洗浄能力も高いんだね。

「ベジシャワー」のメリット7つ

「ベジシャワー」のメリットを7つご紹介します。

①野菜・果物に残った農薬がキレイに落ちる

野菜・果物に残った農薬をキレイに落とすことができます。

水洗いだけでは落とせなかった農薬にも効果的。

②野菜・果物に残った展着剤がキレイに落ちる

野菜・果物に残った展着剤(てんちゃくざい)をキレイに落とすことができます。

水洗いだけだと、

展着剤も食べている可能性が高いってことね。

③使い方カンタン!わずか1分で完了

「吹きかける」⇒「なじませる」⇒「水ですすぐ」⇒完了!

わずか1分ほどで農薬・展着剤を落とすことができます。

④100%アルカリイオン水のため口に入れても安全

「ベジシャワー」は100%アルカリイオン水でつくられています。

化学物質なども入っておらず、口に入っても安心・安全です。

⑤栄養素をキープできる

野菜は水につけておくと栄養素が溶け出してしまうことも多いです。

せっかくの「ビタミンB」「ビタミンC」などがなくなっては、意味がありません。

「ベジシャワー」はサッと洗うことができるので、栄養素をキープできます。

⑥ウイルス・カビを除菌できる

「ベジシャワー」は「ウイルス」「カビ」も除菌できます。

そのため、まな板や食器を洗うスポンジなども除菌できます。

⑦環境に優しいので安心して使える

「ベジシャワー」は100%アルカリイオン水。

化学物質や環境を汚染するような成分はまったく使われていません。

環境に優しいので安心して使えます。

農薬がキレイに落ちて安心

「ベジシャワー」のデメリット

デメリットもご紹介しますね。

少し価格が高い

「ベジシャワー」は能力が高いぶん、少し高いです。

2本セットで「3,700円(税抜)」です。

ただ、定期コースをえらぶと400円お得になります。

定期コースだと2本セットで3,300円(税抜)」です。

単品なら1本1,850円、定期なら1本1650円だね。

定期コースは「3回の継続」が必須だから注意してね。

「ベジシャワー」は保育園で使用されママ雑誌にも掲載

「ベジシャワー」は、じっさいに保育園でも使用されています。

子どもたちも、

残さず美味しく食べてくれるみたい♪

「ひよこクラブ」など、有名なママ雑誌でもたくさん紹介されるほど人気です。

「ベジシャワー」は安心して使える要素が満載ですね。

展着剤が使われることが多い野菜

展着剤は、農薬がつきにくい野菜・果物に使われることが多いです。

  • キャベツ
  • ネギ
  • 里芋
  • トマト
  • イチゴ

などによく使われています。

展着剤が気になる場合は「ベジシャワー」をスプレーすればスッキリ落とせます。

農薬がキレイに落ちて安心

まとめ

今回は「トマトの農薬の落とし方」についてご紹介しました。

トマトの農薬を落とすには、おもに下記3つの方法があります。

  • 流水でこすり洗い
  • 重曹水につけ置き洗い
  • ベジシャワーで落とす

野菜・果物を美味しく食べるために、

試してみてね♪