一人暮らしの栄養不足対策はコチラ

【芸能人格付けチェック2021】ワイン5000円の銘柄を調査

「芸能人格付けチェック2021」。

1問目は、毎年恒例の「ワイン」でした。

「1本100万円のワイン」VS「1本5000円のワイン」を見極める問題です。

「1本100万円」との比較問題で出される「1本5000円」のワイン・・・

どんな味わいなのか、試したくなりますね。

5000円ワインの銘柄は公表されないので、ヒントを頼りに探してみました。

このページがオススメな人
  • 「芸能人格付けチェック2021」5000円ワインの銘柄が知りたい人
  • 「芸能人格付けチェック2021」100万円ワインの銘柄が知りたい人
  • 「芸能人格付けチェック2021」100万円ワインの特徴や味わいが知りたい人

【格付けチェック2021】ワイン5000円の銘柄を調査

「芸能人格付けチェック2021」で出された「5000円ワイン」のヒントは下記です。

「格付けチェック2021」5000円ワイン
  • 産地「フランスボルドー産」
  • 年代「1990年」
  • 価格「5000円くらい」
  • 銘柄「非公開」

銘柄は公表されていないので・・・

「フランスボルドー産」「1990年」「5000円くらい」すべて当てはまるワインを探してみました。

結果からいうと「5000円」というのは見つかりませんでした。

なるべく5000円に近いワインで候補をあげると下記になります。

候補①「シャトー・ベレール・ラグラーヴ」

150年以上の歴史をもつシャトーがつくるワインです。

果実のような味わいがあり、エレガントな熟成を感じさせます。

候補②「シャトー・ポントワーズ・カバリュス」

候補2つ目は「シャトー・ポントワーズ・カバリュス」です。

【格付けチェック2021】5000円ワインはソムリエが厳選

格付けチェックで出される「5000円ワイン」は「格付けチェック専任ソムリエ」の方がえらんでいます。

今回のワインに関していうと、

「ふだん良いワインを飲んでいれば(100万円と5000円の違いは)分かると思う。」

「カンタンだと思う。」

とお話されていました。

じっさい「芸能人格付けチェック2021」では、なんと全員が正解という結果に。

「芸能人格付けチェック2021」の結果は「【芸能人格付けチェック2021】結果&正解と参加者まとめ!一流は2組」で見ることができます。

CHECK 【芸能人格付けチェック2021】結果&正解と参加者まとめ!一流は2組

今回の100万円ワインは最高峰「王のワイン」だったからね。

去年より、分かりやすかったのかもね。

【格付けチェック2021】ワイン100万円の銘柄は「シャトー・ラフィット・ロートシルト1982年」

「格付けチェック2021」で出された「100万円ワイン」銘柄は下記です。

「格付けチェック2021」100万円ワイン
  • 銘柄「シャトー・ラフィット・ロートシルト」
  • 産地「フランス ボルドー産」
  • 年代「1982年」

高級ホテルなら1本100万円はする最高級ワインです。

下記が「シャトー・ラフィット・ロートシルト1982年」ですね。

レアなので売り切れ注意。

わたしがチェックしたときはラスト1本だったよ。

1982年のラフィットは5大シャトーの最高峰ワイン

しかも・・・

1982年ものは「ラフィットのなかで1番美味しい」と言われているワインです。

GACKTさんも絶賛するほど!

1982年のラフィットの味わいは「トロリとなめらか&濃くて力強い」

1982年のラフィットは「トロリとなめらか&濃くて力強いワイン」です。

味わいの特徴をまとめると・・・

  • 40年たっているが年齢を感じさせない若さがある。
  • 若々しいのになめらか
  • トロリとした舌触りが特徴。
  • 濃くて力強いので印象に残る。
  • カシスやハーブ、バニラや西洋杉の優雅な香りが一体感をもっている
  • 口にふくんだときの余韻が長く続く。

さすが「王のワイン」といった貫禄ですね。

想像するだけで美味しそうです。

「シャトー・ラフィット・ロートシルト」10万以下のワイン

「シャトー・ラフィット・ロートシルト」は高いワインが多いです。

10万円以上のワインや100万円以上も・・・!

とはいえ、1本10万円以下の「シャトー・ラフィット・ロートシルト」もあります。

まとめ

今回は「芸能人格付けチェック2021」に出された「5000円ワイン」の銘柄について調査してみました。

毎年、ワインの問題は間違える方がいますよね。

ところが、2021年の格付けでは全員正解だったのでビックリしました。

たしかに、ソムリエの方が「見分けるのはカンタン」と話していましたが・・・。

1本100万円の「王のワイン」の素晴らしさが分かりますね。

「シャトー・ラフィット・ロートシルト1982年」。

ワイン好きなら、一度は味わってみたいですね。