30代・40代のためのスキンケア・紫外線対策

窓に貼る紫外線カットフィルムおすすめ11選【UV99%カットも】

室内にいても日焼けする原因は、窓から入る紫外線です。

そのため、日焼け防止の1つとして窓ガラスに紫外線対策をするのがオススメです。

窓ガラスの紫外線対策は「紫外線カットフィルム」が人気です。

「UVカットフィルム」「UVカットシート」とも呼ばれますね。

窓ガラスに貼るだけで、窓から侵入する紫外線を大幅にカットしてくれます。

室内での日焼け防止に効果的ですし、家具の色あせ防止としても便利です。

このページでは「窓に貼るおすすめの紫外線カットフィルム」をご紹介しています。

窓に貼る紫外線カットフィルムの選び方

まず、窓ガラスに貼る「紫外線カットフィルム」の選び方をご紹介します。

下記を確認するようにしましょう。

「紫外線カットフィルム」の選び方
  1. 紫外線のカット率で選ぶ
  2. フィルムのサイズで選ぶ
  3. フィルムの色で選ぶ
  4. 目隠し機能で選ぶ

1つずつ見ていきましょう。

1.「紫外線のカット率」で選ぶ

日焼け防止なら「紫外線のカット率」が大事です。

「紫外線のカット率が高いフィルム」を選びましょう。

おすすめは「紫外線99%以上カット」のフィルムです。

2.「フィルムのサイズ」で選ぶ

窓ガラスに合わせて貼るので、サイズは重要です。

まずは「フィルムを貼りたい窓ガラスのサイズ」を正確に測りましょう。

▼用意されたサイズから選ぶ場合

窓ガラスよりも3~5センチ以上、大きめのフィルムを選ぶようにしましょう。

貼るときに、窓ガラスに合わせて自分でカットします。

▼オーダーカットを選ぶ場合

オーダーカットできるフィルムを選ぶのも便利です。

「ミリ単位」でカットしてくれるお店がオススメです。

窓ガラスのサイズに合わせてカットしたフィルムを送ってくれるので、自分でカットする必要がありません。

フィルム貼りに自信のない方は「ミリ単位でのオーダーカット」が便利ですよ。

3.「フィルムの色」で選ぶ

「紫外線カットフィルム」はいろいろな色があります。

  • 透明
  • グレー(薄い黒)
  • シルバー

などなど。

「透明」や「グレー(薄い黒)」は外の景色もクリアに見えるフィルムが多いです。

「黒」は外から見えない代わりに、室内からも外が見えない場合が多いです。

人気なのは「透明」「グレー(薄い黒)」です。

「透明」や「グレー(薄い黒)」は目立たないので、部屋の雰囲気をこわしません。

4.「目隠し機能」で選ぶ

「目隠し機能」のある「紫外線カットフィルム」も人気です。

「目隠し機能」=外から室内が見えない&見えづらい仕様になっています。

たとえば、下記のようなフィルムがあります。

  • ミラー(外からは鏡のように見える)
  • すりガラス風(ぼやけて外からハッキリ見えない)
  • 模様入り(おしゃれデザイン&外からハッキリ見えない)

紫外線カットと合わせて目隠し機能を求める方も多いです。

天気の良い日はカーテンを全開にして、リラックスしたいですよね。

外から見えなければプライバシーも守られるので、安心です。

紫外線カットフィルムを貼るのに必要な道具

紫外線カットフィルムを貼るのに必要な、一般的な道具をご紹介します。

  • タオルや布(窓の掃除用)
  • 定規
  • カッターナイフ
  • カッターガイド
  • スプレーボトル(霧吹き)
  • スキージー

カッターガイドは、窓に貼ったあと余分なフィルムをカットするときに使います。

キレイにカットできるので便利です(ない場合はスキージーなどで代用)。

紫外線カットフィルムの貼り方

紫外線カットフィルムの一般的な貼り方をご紹介します。

気泡が入らないようにするには、2人で作業するのがオススメです。

選んだフィルムによって説明手順やコツが少し違うので、封入された説明書に合わせて作業してくださいね。

STEP.1
窓ガラスのサイズを測る
窓ガラスのサイズを測ります。

STEP.2
窓ガラスを掃除する
タオルや布で窓ガラスをキレイに掃除します。

ホコリが残らないように注意しましょう。

STEP.3
フィルムをカットする
窓ガラスのサイズより2~3センチ大きく、フィルムをカットします。

定規とカッターを使って、まっすぐカットしましょう。

STEP.4
窓ガラスに水をかける
窓ガラスに水を大量にスプレーします。

「これでもか」というくらい大量にぬらすのがコツです。

STEP.5
保護フィルムをはがす
保護フィルムを剥がします。
STEP.6
フィルムに水をかける
貼る前にフィルムに水を大量にスプレーします。

たれるほど大量にぬらすのがコツです。

水でぬれていれば、貼ったときにずらしたり微調整できます。

STEP.7
窓ガラスにフィルムを貼る
上から、窓ガラスにフィルムを貼ります。

貼っている最中も、水をスプレーしながら作業すると気泡が入りにくいです。

乾かないように作業することが大事です(乾くと貼りつきます)。

STEP.8
水と気泡を押し出す
スキージーを使い、水と気泡を外に押し出してください。

中心から、上下左右の外側に向かって押し出します。

STEP.9
余分なフィルムをカットする
カッターガイドを使い、余分なフィルムをカットします。

上下左右、それぞれ2ミリほど空けてカットすればOKです。

STEP.10
仕上げ
スキージーを使い、水と気泡を完全に押し出して完了です。

窓に貼る紫外線カットフィルムおすすめ11選

それではさっそく「窓に貼る紫外線カットフィルム」のおすすめをご紹介していきます。

「オーダーカットできる(目隠し機能あり&なし)」「目隠し機能つき」「模様良いのおしゃれデザイン」ごとにまとめています。

オーダーカットできる!紫外線カットフィルムはコチラ

オーダーカットはとても便利です。

窓サイズに合わせてカットしたフィルムを送ってくれるので、カットが苦手な方は重宝します。

窓サイズを正確に測るだけでOK!カットする必要がないので楽チンですよ。

【DIYHelper】飛散防止フィルムGS50(目隠し機能なし)

「DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)」の紫外線カットフィルムです。

「DIYHelper」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:オーダーカット(400ミリ×300ミリ~から)
  • フィルムの色:透明
  • フィルムの厚さ:0.05ミリ
  • 目隠し機能:なし
  • 施工キットプレゼント(5,400円以上のみ)

ミリ単位でオーダーカットできるので、自分でうまくカットする自信のない方にオススメです。

カットは意外と難しいので、初めての方はオーダーカットが簡単です。

▼価格はカットされた部分で計算されます。

透明なので、貼ってあるのがほとんど分かりません。

景色もクリアに見えるので、外が見たい場合にも良いですね。

▼左半分が貼っている状態

そしてうれしいのが「施工キットプレゼント」です。

5,400円以上の場合は、すぐに貼れる「施工キット」が無料でもらえます。

霧吹きやスキージーが必要なので、持っていない方はとても助かります。

▼施工キットがそろっています。

DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)

【DIYHelper】遮熱フィルムRS15M(ミラータイプ)


「DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)」の紫外線カットフィルムです。

「DIYHelper」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:オーダーカット(400ミリ×300ミリ~から)
  • フィルムの色:シルバー
  • フィルムの厚さ:0.05ミリ
  • 目隠し機能:ミラー効果で外からはほとんど見えない
  • 施工キットプレゼント(5,400円以上のみ)

ミリ単位でオーダーカットできるので、自分でうまくカットする自信のない方にオススメです。

外の景色は下記のように見えます。

▼左半分が貼っている状態

DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)

【DIYHelper】遮熱フィルムRS35M(ミラータイプ)


「DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)」の紫外線カットフィルムです。

「DIYHelper」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:オーダーカット(400ミリ×300ミリ~から)
  • フィルムの色:シルバー
  • フィルムの厚さ:0.05ミリ
  • 目隠し機能:ミラー効果で外からはほとんど見えない
  • 施工キットプレゼント(5,400円以上のみ)

ミリ単位でオーダーカットできるので、自分でうまくカットする自信のない方にオススメです。

外の景色は下記のように見えます。

▼左半分が貼っている状態

DIYHelper(ガラスフィルム通販センター)

【リンテックコマース】紫外線を99%カットするすっきりクリアフィルム(目隠し機能なし)

「リンテックコマース」の紫外線カットフィルムです。

「リンテックコマース」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:46×200センチ/92×200センチ/92×500センチ/92×3000センチ/オーダーカット
  • フィルムの色:透明
  • フィルムの厚さ:0.05ミリ
  • 目隠し機能:なし
  • 効果の持続期間は5年間

貼ってもキレイに剥がせるタイプなので、窓が汚れることもありません。

フィルムの角を手でめくれば簡単に剥がすことができるので安心です。

透明なクリアフィルムで、部屋の景観を壊すこともありません。

窓ガラスのサイズに合わせて長さも選べます。

オーダーカットもできるので、カットに不安がある方はオーダーカットがオススメです。

【ニトムズ】窓のサングラス 省エネフィルムEX

「ニトムズ」の紫外線カットフィルムです。

「ニトムズ」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:90×90センチ
  • フィルムの色:グレー/透明/シルバーから選べる
  • フィルムの厚さ0.07~0.08ミリ
  • 目隠し機能:シルバーはあり
  • 透明シールで貼るタイプなので気泡が入りにくい

紫外線カットフィルムは水で貼るタイプが多く、貼る作業が苦手な方もいます。

ニトムズは透明シールで貼るタイプなので、気泡が入らず快適です。

▼下記のように、フィルムの端を透明シールでとめる感じです。

サイズは「90×90センチ」のみです。

窓ガラスのサイズが90×90センチ以上の場合は注意してください。

カラーは下記から選べます。

  • グレー(日よけ効果)
  • 透明(外が見えやすい)
  • シルバー(マジックミラー効果)

UVカットはどれも99%カットです。

日差しを避けたい場合はグレー(ほぼ透明)がオススメですよ。

▼Amazonはコチラ。

目隠し機能(ミラー)つき!紫外線カットフィルムはコチラ

目隠し機能(ミラー)つきの紫外線カットフィルムです。

外から室内を隠したいときは、ミラーつきや模様入りのフィルムがおすすめです。

【サンゲツ】ガラスフィルムGF-106

「サンゲツ」の紫外線カットフィルムです。

「サンゲツ」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:横17センチ×縦10センチ~(縦は10センチ単位で選べる)
  • フィルムの色:シルバー(外の景色はうっすら青みがかって見える)
  • フィルムの厚さ:0.05ミリ
  • 目隠し機能:外から見るとミラー効果あり

ミラー効果があるので、昼間カーテンを全開にしていても室内が見えません。

室内が外より明るいと丸見えになるので、夜はカーテンを閉めてください。

▼このように、室内からは景色が見えます(少し青みがかった感じ)。

横幅は17センチですが、縦幅は10センチ単位で好きな長さを選べます。

窓ガラスより5センチほど大きいサイズで注文しましょう。

【KTJ】窓用フィルム


「KTJ」の紫外線カットフィルムです。

「KTJ」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:96.67~98.91%
  • フィルムサイズ:横90センチ×縦200センチ
  • フィルムの色:シルバー/ブルー/ブラウン/ブラック
  • 目隠し機能:外から見るとミラー効果あり

ミラー効果があるので、昼間カーテンを全開にしていても室内が見えません。

室内が外より明るいと丸見えになるので、夜はカーテンを閉めてくださいね。

▼外からはマジックミラーで鏡のように見えます。

シルバー・ブルー・ブラウン・ブラックの4色があります。

紫外線カット率が1番高いのは「ブラック(カット率98.91%)」です。

▼シルバー

▼ブルー

▼ブラウン

▼ブラック

【Rhodesy】窓用ガラスフィルム


「 Rhodesy(ロデシー)」の紫外線カットフィルムです。

「Rhodesy」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99%
  • フィルムサイズ:横90センチ×縦200センチ
  • フィルムの色:シルバー
  • 目隠し機能:外から見るとミラー効果あり

ミラー効果があるので外からは室内が見えず、鏡のように見えます。

室内からは、外の景色が見えます。

【AIDON】紫外線カットフィルム

「AIDON」の紫外線カットフィルムです。

「AIDON」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:97%
  • フィルムサイズ:60×200センチ/60×300センチ/90×200センチ/90×300センチ/90×400センチ
  • フィルムの色:白
  • 目隠し機能:室内からも外からも白く見える
  • 耐久性・耐水性が良く風呂やキッチンでも安心

「AIDON」の紫外線カットフィルムは白なので、室内から外はほとんど見えません。

もちろん、外からも室内の様子はほとんど見えません。

顔を近づけると形は見えますが、窓から離れるほど見えなくなります。

外の景色を眺めたい場合は、見えないから注意してね。

模様入りデザイン!おしゃれな紫外線カットフィルムはコチラ

模様が入っており、おしゃれなデザインが素敵な紫外線カットフィルムです。

窓だけではなく「食器棚」「ガラスケース」などに貼る方も多いですよ。

【DUOFIRE】紫外線カットフィルム

「DUOFIRE(デュオファイア)」の紫外線カットフィルムです。

「DUOFIRE」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:99.5%
  • フィルムサイズ:44×200センチ/60×200センチ/60×300センチ/60×400センチ/90×200センチ/90×300センチ/90×400センチ
  • フィルムの色:白
  • 目隠し機能:室内からも外からも白く見える
  • 模様:黒花柄

デザイン名は「黒花柄」。

白に黒が映える、派手すぎないシックなデザインです。

外からも室内からも見えません。

▼楽天市場(90×400センチ)はコチラ

▼楽天市場(90×300センチ)はコチラ

▼楽天市場(44×200センチ)はコチラ

【Homein(ホメイン)】紫外線カットフィルム

「Homein(ホメイン)」の紫外線カットフィルムです。

「Homein」紫外線カットフィルムの特徴
  • 紫外線カット率:96%
  • フィルムサイズ:44.5×200センチ/90×200センチ
  • フィルムの模様:透明(光が当たると虹色に輝く)
  • 目隠し機能:室内からも外からもぼやけて見える
  • 模様:花信風(かしんふう)

デザイン名は「花信風(かしんふう)」。

「春に花が咲き始めることを知らせる風」のことだよ。

日本語ってキレイだよね。

開き始めた花の模様がキレイなフィルムです。

光がないときは「無色透明」、光が当たると「虹色」に輝いて見えます。

外から室内はぼんやりとしか見えず、室内からも同じです。

▼楽天市場はコチラ(44.5×200センチ)

まとめ

今回はおすすめの「紫外線カットフィルム」をご紹介しました。

紫外線は1年中、わたしたちに降り注いでいます。

紫外線を浴び続けると、蓄積して「シワ」「シミ」など、肌の老化につながります。

室内でもしっかり紫外線対策をして、日焼け予防をしましょう。