自宅で美味しいカニを味わう!

窓から室内に入る紫外線はどれくらい?届く距離は?【家の中でも日焼け】

  • 家の中でも日焼けするってホント?
  • 家の中でも日焼けする原因は?
  • 窓から室内に入る紫外線はどれくらい?
  • 窓から紫外線が室内に届く距離はどれくらい?
  • 窓ガラスからどれくらい離れれば日焼けしないの?

日焼けは美容の大敵です。紫外線を浴びることで日焼けをしてしまうことは、誰もが知っていますよね。日焼けだけなら、時間が経つと元に戻るのでまだ良いのですが・・・

「肌荒れ」「シミ」「シワ」「そばかす」などの原因になるので、困りものです。

外出するときは、日焼け止めは塗ったほうが良いですね。さらに日傘や帽子、手袋など、なるべく紫外線を浴びないようにすることが大事です。

外出するときは日焼け止めやファンデを塗るけど・・・

家の中(室内)にいるときは何もしなくて良い?

気になるのは「家の中(室内)」に入ってくる紫外線です。

家の中(室内)にいても、日焼けはするのでしょうか?結論からいうと「家の中(室内)にいても日焼けする可能性はある」のが正解です。家の中(室内)だと要注意なのが「窓ガラス」です。

今回は「家の中(室内)にいても日焼けはするのか?その原因は?」「紫外線が窓ガラスを透過して届く距離はどれくらいなのか?」などについて、ご紹介していきます。

「家の中(室内)にいても日焼けする」は本当

「家の中(室内)にいても日焼けする」のは本当です。ほとんどの家は「窓ガラス」がついていますよね。紫外線は窓ガラスを通過して、室内に入ってきます(窓がまったくない場所は大丈夫)。

紫外線の種類は「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類

紫外線3種類

紫外線には下記3つの種類があります。

紫外線の種類3つ
  1. UV-A(紫外線A波)肌に悪影響
  2. UV-B(紫外線B波)肌に悪影響
  3. UV-C(紫外線C波)⇒気にしなくてOK

私たちの肌に影響を与えるのは「UV-A(ユーブイエー)」「UV-B(ユーブイビー)」です。

 





「UV-A」は窓ガラスを通過するため家の中で日焼けする原因に

窓ガラス

家の中(室内)でも日焼けする原因は「窓ガラスを侵入してくる紫外線」です。紫外線は3種類あるのですが、そのうちの1つ「UV-A(ユーブイエー)」が窓ガラスを通って室内に入ってくるんです。

「UV-A」は肌の奥深くまで侵入する紫外線で、肌の老化につながります。

「UV-A」は浴び続けるとシミやシワの原因になるよ。

つまり、室内にいても「UV-A」によって「シミ」「シワ」を引き起こす可能性大ということです。もちろん、外にいるときはさらに影響が大きいので注意が必要です。

 





「UV-B」は窓ガラスを通過しないため室内では影響なし

「UV-B(ユーブイビー)」は窓ガラスを通過しないため、気にしなくてOKです。ただし、あくまで室内の話です。「UV-B」は肌の表面まで届くので、外出中は対策をしないと「日焼け」「シミ」などの原因になります。

「UV-C」は地上まで届かないため室内外で影響なし

「UV-C(ユーブイシー)」は地上まで届かないため、気にしなくてOKです。

「UV-C」はオゾン層に吸収されるんだって。

もし「UV-C」が地上まで届いたら、肌への影響は大きいとのことなので・・・オゾン層に吸収される紫外線で良かったです。。。(^^;)

紫外線「UV-A」「UV-B」の違いとは?

太陽の光

では、私たちの肌に悪影響をおよぼす「UV-A」「UV-B」の違いは何なのでしょうか?それぞれが肌に与える影響を見ていきましょう。

「UV-A」は肌の内部に影響を与える⇒「肌の老化」

肌のシワ

「UV-A」は肌の内部に影響を与え「日焼け」「シワ」「たるみ」の原因になります。

⇒つまり「肌の老化」です。

私たちがふだん浴びている紫外線の約90%は「UV-A」です。「UV-A」を浴びると肌は黒くなり、いわゆる「日焼け」状態になります。

「UV-A」は「室内」「室内の窓ガラス」「車の窓ガラス」などを通って、肌の深く(真皮層)まで届きます。そしてハリや弾力をつくりだす細胞を壊すため「たるみ」「シワ」になります。

年齢が上がるにつれて「シワ」「たるみ」に悩まされる方がとても多いですよね。長いあいだ浴びて蓄積された「UV-A」が原因の1つということですね。

「UV-A」は「生活紫外線」とも呼ばれているよ。

若いうちから紫外線対策をすることが大切だね。

「UV-B」は肌の外部に影響を与える⇒「色素沈着」

そばかす

「UV-B」は「日焼け」「シミ」「そばかす」「皮膚が赤くなる日焼け」の原因になります。「UV-B」を浴びると、メラニン色素が増えて肌が黒くなります(=日焼け)。そしてメラニン色素が沈着すると「シミ」「そばかす」になるのです。

日焼けしたときに、ヤケドのようにヒリヒリ赤くなるのも「UV-B」の影響です。

「UV-A」は「レジャー紫外線」とも呼ばれているよ。

シミやそばかすは20~30代でもできるんだよね・・・。

シミは一度できるとなかなか消えないので、やっかいです。20代や30代でもシミはできてしまうので、しっかり紫外線対策をしておくことが大事です。

 





窓ガラスから室内に入る紫外線量はどれくらい?

窓から入る紫外線

窓ガラスから室内に入る紫外線量(UV-A)は、外の紫外線量の80%と言われています。窓ガラスがあるので、浴びる量はすこし減っています。ですが20%少なくなっただけなので、かなりの紫外線量です。

つまり、窓の近く・・・窓から日光が当たる位置は、紫外線をたっぷり浴びている可能性が高いです。窓の近くに白い壁やテーブルがあると、そこに反射して顔に紫外線が当たりまくり・・・なんてパターンもあります。

「UV-B」は窓ガラスを通過しないよ。

室内では「UV-A」が大敵!

室内で紫外線を浴びないためには、窓ガラスからどれくらい離れれば良いのか?を知る必要がありますね。

窓ガラスから室内に入る紫外線の距離はどれくらい?

窓ガラスから室内に入る紫外線(UV-A)の距離はどれくらいなのでしょうか?窓から1メートルほど離れれば、紫外線量は5%まで減ると言われています。

つまり、窓ガラスから入る紫外線(UV-A)の距離は「約1メートルほど」ということになります。窓から離れれば離れるほど、紫外線量は少なくなります。直接日光が差し込む窓の近くを避ければ、室内で紫外線を浴びることはありません。

窓ぎわに長くいる場合は、室内でも日焼け止めを塗った方が良いですね。日当たりが悪い(日光が入らない)窓なら、1メートルも離れなくて大丈夫です。

紫外線=太陽の光の一部です。日光がまったく差し込まなければ、窓から入る紫外線も格段に減ります。日光が少しでも入る窓の近くにいる場合は、気をつけてくださいね。

 





紫外線は4秒浴びただけで肌に影響あり

4をさす時計

紫外線は、たった4秒浴びただけでも肌に影響が出ます。くわしく説明すると、紫外線を4秒浴びただけで「メラニン」がつくられます。

メラニンはシミや日焼けの原因になるよ。

とはいっても、すぐに肌がどうかなるワケではありません。たった4秒ですぐにシミができたり、真っ黒に日焼けしていたら大変ですよね。この4秒が積み重なって、日焼けしたり「シミ」「シワ」ができたりします。

外出時に日焼け止めは必須ですが、室内でも日焼け止めが大事なのが分かると思います。室内で、少し窓の近くにいただけでも紫外線の影響をジワジワ受けるということです。

室内でもブルーライトやホコリが肌の敵

肌に悪影響があるのは紫外線だけではありません。「ブルーライト」「ホコリ」「大気汚染」などもそうです。

ブルーライトとはスマホやパソコンから発せられる青っぽい光です。ブルーライトは紫外線に近い波長があるので、肌に与える影響が心配されているんですね。

室内にいてもスマホを見っぱなしだったり、テレワークでパソコンを長時間見たりと、ブルーライトを浴びる機会はとても多いです。

そのため、ブルーライトや大気汚染対策バッチリの日焼け止めが安心なんですよね。「飲む日焼け止め」なんかもありますが、やはり「塗る日焼け止め」がいちばんです。

ブルーライト・大気汚染対策できる日焼け止め

ブルーライト・大気汚染対策できる日焼け止めなら「欲ばりサンスクリーンα」がオススメです。

「SPF50+」「PA++++」なので、日焼け止めとしては最高の数値です。しかも天然由来成分でつくられているので、肌に優しいナチュラルな使い心地です。ほんのりアロマっぽい香りがして、うす塗りでもサラッと肌になじむ感じで使いやすいです。

「欲ばりサンスクリーンα」は日焼け止めブルーライト・大気汚染対策だけではなく、化粧下地や美容液としての役割も持っています。潤いや保湿に良い成分が6つ以上入っていて、1つだけで8役もこなしてくれます。

  • 日焼け止め
  • ブルーライト対策
  • 大気汚染対策
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • カラーコントロール
  • 毛穴カバー
  • 美容液

化粧下地としても使えるのでカバー力はバツグンですが、専用クレンジングは不要で石けんでも落とせます。とてもラクですよ。

公式サイトの定期コースだと、毎月先着100名だけ10%オフ&送料無料でお試しできます。※定期回数の縛りはないので、1回注文したあとでも解約できますよ。

【送料無料】まとめて日焼け止め&ブルーライト対策
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「欲ばりサンスクリーンα」くわしくはコチラ

窓ガラスから室内に入る紫外線を減らす方法

窓ガラスから室内に入る紫外線を減らすなら「紫外線カットフィルム」がおすすめです。

▼窓ガラスに貼るだけで、室内に入る紫外線を99%カット

透明、おしゃれな柄入りなどいろいろな種類があります。

窓に貼る紫外線カットフィルムおすすめ11選【UV99%カットも】」でまとめているので、参考にしてください。

結論:室内でも窓が近い場合は紫外線対策をしよう

室内であっても、窓が近い場合は紫外線対策をしましょう。

  • 窓ぎわの席である⇒注意!
  • 窓の近く(1メートル以内)に4秒以上いる⇒注意!
  • 窓の近くを何回も通る⇒注意!

先ほどいったように、たった4秒浴びただけで紫外線の影響を受けます。4秒が積み重なると、どんどんメラニンがつくられてしまいます。室内でも日焼けする可能性を考えて、しっかり紫外線対策をすることが美肌への第一歩です。

室内での「ウッカリ日焼け」を防ぐためには「日焼け止め」や「日焼け止め成分の入った化粧下地」を塗っておくのが効果的です。紫外線カットを考えてつくられた「欲ばりサンスクリーンα」はクレンジングは不要なので、サラッとつけられてラクですよ。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

【日焼け止めもバッチリ】クレンジング不要!1本8役の欲ばりCCクリーム

まとめ

今回は「家の中(室内)にいても日焼けする原因」「窓ガラスから家の中(紫外線)に入ってくる紫外線量」などについてご紹介しました。

お休みの日で室内にいるとき、すっぴんでいる方も多いですよね。

すっぴん肌はとても無防備です。

日当たりが良いと、つい窓の近くでのんびり過ごしたくなります。

日光を浴びるのは良いことでもあるし・・・

ポカポカ陽気だと気持ち良いよね。

そんなときは「日焼け止め」「日焼け止め入り化粧下地」などで肌をしっかりガードしましょう。