【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

【2020年】残留農薬が多い野菜・果物トップ15!日本で農薬を多く使う理由

スーパーなどで売っている「野菜」「果物」は、だいたい農薬が使用されています。

「農薬」については、マイナスなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

✅農薬は・・・「キケンな化学物質でしょ」

 

✅農薬は・・・「健康に悪いのでは?」

 

✅農薬は・・・「口に入るものだし不安」

このようなイメージをお持ちの方が多いと思います。

そこで今回は、下記について調査してみました。

  • 残留農薬が多い野菜・果物は?
  • 農薬は健康に害はないの?
  • 日本で農薬が多く使われる理由
  • 日本で農薬を多く使う必要性
  • 農薬をキレイさっぱり落とす方法

農薬が多い「野菜」「果物」トップ15をご紹介

「農薬が多い野菜・果物」について、アメリカの環境保護NPO機関「EWG(The Environmental Working Group)」が調査した結果があるので、ご紹介します。

アメリカのデータですが、日本でも同じように農薬が使われていると予想できるので、参考になるかと思います。

農薬が多い野菜・果物

  • 1位・・・いちご
  • 2位・・・ほうれん草
  • 3位・・・ケール
  • 4位・・・ネクタリン
  • 5位・・・りんご
  • 6位・・・ぶどう
  • 7位・・・桃
  • 8位・・・さくらんぼ
  • 9位・・・梨
  • 10位・・・トマト
  • 11位・・・セロリ
  • 12位・・・じゃがいも
  • 13位・・・甘いピーマン
  • 14位・・・チェリートマト
  • 15位・・・レタス

出典:Produceの農薬に関する買い物客向けガイド(https://www.ewg.org/foodnews/summary.php)

ここでいう「農薬が多い」=「残留農薬が多い」という意味です。

「残留農薬」ってなに?
「野菜・果物に残っている農薬」のことだよ。

甘酸っぱくて美味しい「いちご」が残留農薬トップとは、ちょっと驚きですよね。

それに、皮をむかずに食べられるものも多いですね。

ほうれん草、ケールなどはもちろん、トマトやさくらんぼなど・・・。

りんごなども「皮つきのまま」食べる方も多いですよね。

残留農薬が多いと思うと「食べて大丈夫かな・・・?」と不安になってしまいますよね。

農薬は健康に害はないの?

農薬をまく男性

農薬は「食べ続けても健康に悪影響が出ないように」使用量などがしっかりと決められているようです。

また「長期毒性」「短期毒性」についても試験を行ない、使える農薬の限度などを定めています。

「長期毒性」とは?

⇒食べ続けると健康に悪影響。

 

「短期毒性」とは?

⇒一日の摂取で健康に悪影響。

 

出典:厚生労働省資料「食品衛生法における農薬の残留基準について」

「長期毒性」にかんしては「一日摂取許容量」というものを設定しています。

⇒つまり「毎日、一生食べ続けても、健康に悪影響が出ない量」を設定しているということですね。

「短期毒性」にかんしては「急性参照用量」というものを設定しています。

⇒つまり「一日に摂取しても健康への悪影響が出ない量」を設定しているということですね。

農薬を使うときのルール

農薬を取り扱う立場の方は、下記のようなルールを守る義務があります。

決められた作物以外には使用しない。

 

✅決められた使用量または濃度を超えて使用しない。

 

✅決められた使用時期(収穫前日数など)を守る。

 

決められた総使用回数以内で使用する。

 

・・・などなど。

 

出典:厚生労働省資料「食品衛生法における農薬の残留基準について」

「農薬をまいている光景」を見たことある方は、多いと思います。

「あんなに農薬を使っているの?!」

とビックリしてしまいますよね。(^^;)

適当に農薬を多くまいているわけではなく、決められたルールに沿って農薬を使っているんですね。

日本で農薬を多く使う理由は?その背景

日本では農薬が多く使われていますが、それにはちゃんと理由があります。

「農林水産省」が発表している資料「農薬の適正使用について」をもとに、解説していきますね。

① 温暖で雨が多く多湿

「温暖」「雨が多い」「湿気が多い」

そんな日本では、ほかの先進国と比べて発生する雑草や病害虫の種類・量が多いんですね。

雨の降った田んぼ

日本は四季がありますが、比較的、温暖な気候ですよね。

また梅雨シーズンや台風シーズンなど、雨が多く湿気も多いです。

たとえば、ほとんど同じ緯度のカリフォルニアは、年間降水量が日本の1/6程度だそうです。

害虫や雑草は一度発生すると広がりやすいため、広がる前にくいとめる必要があります。

それには「農薬」が欠かせないんですね。

② 施設栽培が盛ん

日本は野菜・果物の「施設栽培」が盛んです。

ビニールハウス

「施設栽培」とは、ビニールハウスや温室などを利用して栽培する方法です。

1年をとおして色々な野菜や果物を栽培できますが、特殊な環境もあり病害虫が多発します。

③ 見た目がよくない野菜・果物は敬遠される

病害虫の被害を受けた野菜・果物は、見た目が美しくありません。

虫食いの穴だらけだったり、白い斑点がついていたり・・・。

虫食いだらけの野菜

消費者的には、同じ野菜だったら「よりキレイな方」を選ぶのではないでしょうか。

スーパーなどで買い物するときも、手にとってじっくり品定めしたりしますよね。

やっぱり見た目が美しくて美味しそうな野菜・果物を選ぶ方が多いですよね。

また、野菜・果物を入荷するお店側も、やはり見た目が綺麗なものを選ぶことがほとんどです。

日本で農薬を使う目的と必要性

上記でまとめた「日本で農薬を使う理由」をもとに、こんどは「農薬を使う目的と必要性」を見ていきましょう。

農薬は、ただやみくもに使っているわけではありません。

農薬を使うのには、様々な目的があります。

農薬をどう思うかは別として、まずはイチ消費者として「農薬を使う目的」や「農薬の必要性」を理解しておくことが大事ですね。

① 品質・収穫量の確保

農薬を使わないとまず「品質」が格段に落ちます。

さらに害虫などにやられて「収穫量」も減ってしまいます。

収穫量が落ちると価格も高くなり、消費者にもダメージが出てきます。

② 労働力の軽減

農薬を使わずに、手作業で雑草や害虫駆除などをしようとすると「莫大な人件費」がかかってしまいます。

労働時間も増えます。

労働時間・人件費が増える=そのぶん商品の価格が高くなってしまいます。

消費者からすると、あまりにも野菜や果物の価格が高いと困ってしまいますよね。

③ 生産効率の向上

農薬を使うことで多くの手間が減らせます。

そのぶん、野菜や果物を効率よく育てたり、出荷したりできます。

④ 食品の安全性を確保

人の健康に悪影響を及ぼすような「赤かび病」などもあるため、安全のために農薬で害虫や病気を駆除する必要があります。

 

農薬を使う必要性を簡単にまとめると・・・

✅「品質のよい農作物」を効率よく生産するため。

 

✅「品質のよい農作物」を安定して生産するため。

 

✅人件費などを減らし「生産コスト」を抑え、市場に供給するため。

 

安全性を確保するため。

農薬の落とし方は?キレイに落とす方法

ただやっぱり、

「赤ちゃんや小さい子どもがいるし、小さい頃から農薬が残った野菜や果物を食べさせたくないわ・・・。」

というお母さんも多いです。

毎日ずーっと口に入るものですし「気持ち悪い」と感じる方もいらっしゃいます。

農薬をキレイに落とす方法で人気なのは「ベジシャワー」ですね。

「ベジシャワー」公式サイトはコチラ

「ベジシャワー」を使って野菜や果物を洗えば、下記写真のように、農薬をキレイに落とすことができますよ。

野菜や果物は「皮」にこそ栄養があるといわれているので、できるだけ皮ごと食べさせたいお母さんも多いですよね。

「ベジシャワー」なら野菜や果物も皮つきのまま安心して食べさせられるので、お母さんたちにも人気なんです。

「ひよこクラブ」などのママさん雑誌でも紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

少しでも「安全なもの」を「安心して」家族や子どもたちに食べさせたい!

そう感じたら「ベジシャワー」を試してみるのも良いですよ。

「ベジシャワー」は保育園の給食の場でも重宝されていますし、農薬が落ちると分かれば、気持ち的にもホッとします。(^^)

「ベジシャワー」公式サイトはコチラ

まとめ

まとめると・・・

✅残留農薬ナンバーワンは?

いちご(アメリカのデータより)。

 

✅農薬は体に害はないの?

⇒食べ続けても健康に害が出ない量などを設定。

 

✅なぜ日本は農薬を多く使うの?

⇒気候や環境により害虫が発生しやすい。

⇒害虫にやられた作物は敬遠されやすい。

 

✅農薬を使う目的・必要性は?

⇒品質の良い農作物を効率よく生産。

⇒品質のよい農作物を安定して生産。

生産コストを抑えて市場に提供。

 

✅農薬を簡単に落とす方法とは?

「ベジシャワー」がオススメ。

農薬は「気になる方」と「気にならない方」がいると思います。

「国がOKを出しているのなら大丈夫でしょ。」

という方もいれば、

「農薬がついていることに代わりはないじゃん・・・。」

と不安に思う方もいます。

「ウチの子どもには農薬つきの野菜は食べさせたくない」という場合は「ベジシャワー」で不安をなくしてしまいましょう。

「ベジシャワー」公式サイトはコチラ