【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

ブラックキャップの交換時期はいつ?【1年間&毒エサ状態による】

ギモンに思っている犬

ブラックキャップの交換時期はいつ?

ブラックキャップはゴキブリ駆除に効果バツグンです。

「置けば置くほど効果がある」と言われています。

とはいえ、使用期限をすぎたまま放っておくとキケンです。

毒エサの効果が切れて、ゴキブリにとって「タダのエサ」になってしまうからです。

このページでは「ブラックキャップの適切な交換時期」についてご紹介していきたいと思います。

ブラックキャップの効果はいつまで続く?

ブラックキャップの効果は、開封してから「1年間」です。

パッケージにも「1年間効く!」と書かれています。

以前は「6ヶ月」だったようですが、2020年8月現在「1年間」となっています。

1年間効くのはうれしい♪

コスパ最強だね。

ブラックキャップの交換時期はいつ?

ブラックキャップの交換時期は下記3つのタイミングです。

  • 毒エサがなくなったとき。
  • 毒エサの状態が悪くなったとき。
  • 約1年間たったとき。

1つずつ見ていきましょう。

ブラックキャップ交換時期①:毒エサがなくなったとき

ブラックキャップの毒エサがなくなったら交換しましょう。

ブラックキャップは中に毒エサが入っています。

ゴキブリがその毒エサを食べることで、効果を発揮します。

ゴキブリが大量に発生する場合、毒エサを食べ尽くされてしまうこともあります。

1ヶ月に1回くらい毒エサの減りをチェック

1ヶ月に1回くらい、毒エサの減りをチェックしてみてください。

毒エサが残っていれば、そのまま放置でOKです。

かじられた跡があるかどうか?もチェックしてください。

かじられていれば「ブラックキャップの設置場所として正解」ということです。

正直、かじられた跡をみたときはゾッとします。

「ゲッ!やっぱりいるのか・・・」と落ち込みます・・・。

毒エサの減りをチェックするのもイヤだけど・・・

チェックしないとわからないし・・・!

チェックすることで、設置した場所をゴキブリがとおっているのか分かります。

まったく食べられていなければ、その場所にはゴキブリは来ていません。

安心ですね。

置く場所を変えて、またしばらく放置してみましょう。

 





ブラックキャップ交換時期②:毒エサの状態が悪くなったとき

毒エサの状態が悪くなったときは、交換したほうが良いです。

下記のような場合に、効果がうすまる可能性があります。

  • ほこりで誘引性や摂食性が悪くなる。
  • 湿気や水で誘引性や摂食性が悪くなる。

つまり・・・

毒エサにほこりがついたり、湿気・水などで状態が悪くなると、ゴキブリの食欲が落ちるかも・・・ということですね。

長期間セットしておくと、ほこりを被ったり吸湿したりして、誘引性や摂食性が悪くなることも考えられます。その場合は1年以内でも交換してください。

出典:アース製薬(https://www.earth.jp/support/faq/cockroach/ad1060/index.html)

ブラックキャップ交換時期③:1年間たったとき

ブラックキャップの効果は「約1年間」なので、1年たったら交換しましょう。

つまり、2020年8月に設置した場合の交換時期は、2021年8月です。

毒エサが減っていなくても、1年たったら新しいブラックキャップと交換してください。

パッケージのウラに「設置後、約6ヵ月間の効果があります。」と書かれているものも、1年間効果があるそうです。

裏面に、「設置後、約6ヵ月間の効果があります。」という記載の製品をお持ちの場合、開封後1年間経過した製品での駆除効果が確認できたため、この製品についても持続効果の期間は約1年間になっています。

出典:アース製薬(https://www.earth.jp/support/faq/cockroach/ad1060/index.html)

ブラックキャップを1年間放置した結果

1年間ブラックキャップを放置した結果、問題なく効果を実感しました。

ベランダと室内に大量のブラックキャップを放置していましたが、効果1年間というのは本当ですね♪

1年たってから交換しましたが、設置してからゴキブリを見ていません。

そのため、交換時期はだいたい1年間で大丈夫です。

CHECK 【ブラックキャップの効果】口コミ・レビュー!1年間で0匹に。

ということで、1年間放置しても大丈夫ですが、心配なときは

毒エサが残っているかな?

ちゃんと食べられているかな?

など、1ヶ月に1回くらい確認してみると安心できますね。

 





ブラックキャップはカビても大丈夫だったけど・・・

交換するときに中身をのぞくと、白くカビているものもありました。

カビる前にかなり食べた跡があったので、カビる前の新鮮な毒エサで全滅したのでは?と思いますが・・・。

カビていても1年間、放置していました。

結果、ゴキブリは見ていませんし、とくにデメリットもありませんでした。

「2週間でカビた」という声もあるので、環境によっては早くカビることもあります。

毒エサの状態が悪くなったときは交換したほうが良い、とアース製薬さんも言われてますが・・・

ゴキブリはカビも食べるので、カビていても食べると思います。

とはいえ、カビる前のエサにくらべると、ゴキブリの食欲も低下するでしょう。

気になる方は、新品に交換したほうが安心できるかもしれません。

まとめ

まとめると・・・

  • ブラックキャップの効果は1年間。
  • ブラックキャップの交換時期は1年たったらでOK。
  • 毒エサの状態が悪くなった場合は交換する。
  • 毒エサが食べられているか定期的にチェックする。
  • カビても使えるが心配なら交換する。