「Go Toキャンペーン」で最大50%オフ!お得に国内旅行を楽しもう

花束をもらって女性は嬉しい?それとも迷惑?それぞれの理由を解説

「愛する女性に花束を贈りたい」

とてもロマンチックで素敵な男性ですね。(^^)❤

ですが「彼女は花束をもらって嬉しいのかな?迷惑じゃないかな・・・?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は下記についてまとめてみました。

  • 花束をもらって女性は嬉しいのか?
  • 花束をもらって「迷惑」「嬉しくない」と感じる女性もいる?

女性に花束を贈ろうか迷っていらっしゃる方は、参考にしてみてくださいね。

花束をもらって女性は嬉しい?

花束をもらうと、やっぱり「嬉しい」と感じる女性が多いです。

ほとんどの女性は「お花を愛でる」ことが大好きです。

可愛くてキレイなお花は見るだけでも楽しいですし、プレゼントとして自分のためだけに贈られたら、もっと嬉しいですよ。

嬉しい理由

花束をもらって嬉しい理由をまとめると、下記のようなものがあります。

  • 自分で花束は買わないから。
  • 特別な感じがする。
  • 自分のためにお花を選んでくれたことが嬉しい。
  • お花が好きだから。
  • お花は可愛くてキレイだからもらうと嬉しい。
  • 花束をもらうことなんてないから。

花束は女性へのプレゼントとしてピッタリの条件がそろっています。

「キレイ」「良い香り」「華やか」「ラッピングが可愛い」「カラフル」「特別感」などなど。

もらったときにインパクトもありますし、花束をもらうと「感動する」という女性もたくさんいますよ。

未婚でも既婚でも関係ありません。

いくつになっても「花束」をもらうと女性はテンションが上がるものです。(^^)

花束をもらっても迷惑?「嬉しくない」と感じる女性もいる

ただし、中には花束をもらっても「迷惑」「嬉しくない」と感じる女性もいるので注意が必要です。

人にはそれぞれ好みがあります。

「100人いれば100人全員お花が好き」というわけではないのですね。

嬉しくない理由

花束をもらっても「嬉しくない」と感じる理由は、下記のようなものがあります。

  • 花瓶がない。
  • 水を取り替えるのがめんどう。
  • そもそもお花に興味がない
  • 枯れたあとの掃除がめんどう
  • 虫が寄ってきそうでイヤ。
  • 枯れたあとに捨てるのが申し訳ない
  • お花よりもスイーツやディナーが良い。

もらう喜びよりも、もらったあとのことを考えて「面倒くさい」と感じる女性もいます。

たしかに、花瓶がなければ花を飾ることができませんので、もらった女性は花瓶を買うことからスタートしなければいけません。

「枯れたあとゴミ箱に捨てるのも気が引ける(せっかくもらったのに)」という女性もいますし「花より団子」な女性もけっこう多いです。笑

スイーツや美味しい物が大好きな女性は多いですからね。(^^)

 





花束を贈って喜んでくれる女性がどうかよく観察しよう

「女性は花束を贈れば喜ぶはず」と思い込みだけで贈るのはキケンですね。

奥さまや、お付き合いしている彼女さんが「お花が好きかどうか」はなんとなく分かるのではないでしょうか?

たとえば・・・

✅お花を植えるのが好き。

 

✅お花・植物が好き。

 

✅散歩中やデート中にお花に興味を示す。

 

✅部屋に花瓶がある。

 

✅部屋にお花や観葉植物を飾ってある。

こんな女性は、花束をもらったら喜んでくれる確率が高いです。

お花や植物を植えるのが好きだったり、テレビや雑誌、旅行先で「このお花キレイだね」と興味を持っているか?など・・・

よ~~~く見ていたら、分かると思います。

「花束を贈ったら喜びそうだなぁ」と思ったら、奥さまや彼女さんのイメージに合うカラーを選んで贈ると良いですね。

まだ結婚されていない場合は、彼女さんのお部屋に遊びに行ったときなどに「花瓶があるか?」しっかりチェックしておきましょう。

ちなみに、水替えや掃除の手間がかからない「枯れない花」を贈るという手もありますよ。

【花束のプレゼント】枯れない花は「花瓶いらず」「手間いらず」で人気」でご紹介していますので、参考にしてください。

【花束のプレゼント】枯れない花は「花瓶いらず」「手間いらず」で人気

花束を贈る回数・頻度を考えよう

花束は確かにもらうと嬉しいですが、もらう回数が多すぎると「また花束?」と思われることもあります。

たとえば「お誕生日に花束」「結婚記念日に花束」「バレンタインデー(ホワイトデー)に花束」などですね。

花束を贈るのは、どれか1つの記念日に決めておくと良いかもしれません。

たとえば「お誕生日にアクセサリー」「結婚記念日に花束」「バレンタインデー(ホワイトデー)にお取り寄せスイーツ」などですね。

花束はもらいすぎても感動が薄れてしまうので、1年に1回ていどでも良い気がします。

1年に1回くらいだと「今年はどんな花束をくれるのかな?」と女性は楽しみな気分になりますよ。

 





お付き合いしていない女性に花束?

女性は好意を持っている男性から花束をもらうと、たしかに嬉しいです。

ですが、とくに好意を持っていない男性からもらうと「ちょっと困ってしまう・・・」という意見もあります。

そのため、お付き合いしておらずまだ片思いの場合は、花束は早すぎるかもしれません。

デートを重ねて、お互いに好意を持っていると感じたら、そのときは花束を渡して告白するのも良いですね。

すでに結婚している奥さまや、お付き合いしている彼女さんであれば問題ありません。(^^)

センス良い花束を贈りたい!

花束は近くのお花屋さんでつくってもらう方法と、ネットで専門店に注文する方法があります。

ステキな花束をつくってくれるオススメの専門店が「hitohana(ヒトハナ)」です。

ステキな色の組み合わせと、シックで大人っぽいラッピングで、とてもセンスの良い花束をつくってくれます。

出典:hitohana

もちろんカラーや花の種類は選べますが、包装や色合わせ、花の組み合わせなどスタッフさんのデザインセンスが抜群なので「お任せ」で注文される方も多いです。

「最近、他の人が注文した花束」など、見本例をたくさん見ることができますし、その中からじっさいに選ぶこともできます。

hitohana(ヒトハナ)」はステキな花束がたくさんあるので、あまり悩まずに選べますよ。

いや…逆に「どれもステキ」すぎて、悩む可能性もありますが…(^^;)

出典:hitohana

「hitohana」公式サイトはコチラ

まとめ

今回は「女性は花束をもらったら嬉しいのか?」「迷惑だと思う女性の理由は?」などについてまとめてみました。

花束を贈るのは勇気がいるかもしれませんが、喜んでくれる女性が多いので、がんばってみてください。

まったく恥ずかしい贈り物ではないので、自信を持って挑んでくださいね。

奥さまや彼女さんが喜んでくれますように。(^^)