【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

カーナビ代わりにスマホ操作はながら運転で違反?免停の回避方法

2019年の国会で「道路交通法」が改正され、2019年12月1日から適用されます。

以前よりも「スマホのながら運転」の取り締まりが厳しくなります。

「ながら運転」といっても、どこまでが許容範囲かハッキリ知っておく必要があります。

では「スマホをナビ代わりに使っている人」はどうすればいいのでしょうか?

今回はスマホをナビ代わりに使っている場合について「見つかったら違反や免停になるのか?」「禁止行為や違反にならない方法はあるのか?」などをくわしくまとめました。

日常的にスマホをナビ代わりに使っている方、必見です。

まず「運転中にカーナビを操作すること」は違反になる?

まずは「運転中にカーナビを操作することは違法になるのか」知っておきましょう。

運転中に「カーナビを使うこと・操作すること」自体はOKです。

たとえば「富士山」に車で行こうとして、出発前にカーナビで行き先を設定したとしましょう。

ルートが合っているか「たまにナビ画面をチラッと一瞬だけ確認」しつつ、運転しますよね。

このような使い方は違反になりません。

そもそもカーナビが使えないと、知らない道を行くのは厳しいですからね。カーナビ自体はOKです。

また、設定変更など画面をタッチ操作する場合、赤信号で停車しているときに操作するのは違反ではありません。

運転中は、運転がおろそかになってしまうので画面の操作はやめましょう(操作できないようになっているナビがほとんどですが)。




2秒以上カーナビの画面を見つめる行為は違法

原則として運転中にカーナビを使用するときは「2秒以上カーナビの画面を見つめること」が違反になります。

そのため、

「ルートが合っているか確認するために、運転中に画面を2秒以上じーっと見つめる」

「操作するために、運転中に画面を2秒以上見つめる」

これらも違反行為ということになりますね。

まあ…2秒といわれても、判断が難しいところではありますね。(^^;)

そもそも、なぜカーナビの画面を2秒以上見つめることがダメなのかというと、カーナビの画面にばかり集中してしまって、運転への注意がおろそかになってしまうからです。

いきなり目の前に子どもが飛び出しても気づくのが遅れるし、赤信号なのにうっかり進んでしまうなんてことも起こりえます。

その結果、大事故を引き起こしてしまう可能性だってあります。

じっさいに「カーナビに気を取られて、前方不注意」が原因で起きている事故も多いのです。

また、赤信号でカーナビを操作するのはOKですが、ナビ操作に集中しすぎて「信号が変わったことに気づかない」⇒「クラクション鳴らされる」⇒「あわてて発進するためキケン」なども考えられます。

そのため、運転中にカーナビを使う場合は、下記に注意しましょう。

運転中にカーナビを使うときの注意点

・運転中は2秒以上画面を見ない。

・赤信号(停車中)で操作するときは余裕をもって短時間で。

・赤信号(停車中)で操作するときは助手席の人にお願いすると安全。

・赤信号では操作せず、いさぎよく停車してから落ち着いて操作する。

じっさい2秒以上見ていたらすぐ捕まるかといえば、グレーな部分もあると思います。

カーナビの画面を何秒みているか1台ずつチェックするのは現実的にいって難しいです。

でも、いつどこで違反になるかわかりません。

それにカーナビばかり見ているのは本当にキケンな行為です。

運転中はカーナビを「じーーーーーっ」と長時間見つめるのはやめておきましょうね。




「運転中にスマホをカーナビ代わりにして操作すること」は違反になる?

つぎは「運転中に、スマホをカーナビ代わりにして操作することは違反になのか」について話していきますね。

スマホでグーグルマップなどを表示させて、カーナビ代わりに使っている方も多くいますよね。

その場合、下記のように対応すれば、カーナビと同じ扱いになる、と思ってOKです。

「車載ホルダー」「スタンド」でスマホを固定すれば違法にならない

「車載ホルダー」「スタンド」を利用してスマホを固定すれば、カーナビと同じとみなされ、運転中に操作しても違反にはなりません。

カーナビと同じで2秒以上見つめたりはアウトなので、画面ばかりみてはダメですよ。

運転中に画面を見たまま操作するのもNGです。

もし操作するのであれば「赤信号で信号まち」のあいだにパパッとやるか、停車してからにしましょう。

固定したナビ代わりのスマホであっても、違反になる行為はカーナビと同じと思ってOKです。

人気の「車載ホルダー」

スマホを固定する車載ホルダーは、このタイプが評価も高く人気です。

ホールド性が高く、スマホをしっかり固定してくれます。

運転中に「スマホをカーナビ代わりにして操作すること」で違反になる行為とは

「ナビ代わりだとしても、スマホを手にもって運転中に操作したらアウト」です。

ひざの上に置いてコッソリ操作するのもダメですよ。

繰り返しになりますが、画面を2秒以上見つめたままの運転はNG、2秒以上見つめたままの操作もNGです。(大事なことなので2回言いました)

NG行為の規定はあるにしろ、ナビ代わりのスマホが使えなくなるわけではないので、そこは安心ですよね。

ハンズフリー通話やイヤホンで音楽を聞くのも「ながら運転」で罰則を受けるの?という心配もありましたが、しっかり違反行為をチェックしておけばあせることはないですね!

ながら運転はハンズフリー通話も違反?イヤホンで音楽も違反?

ながら運転ハンズフリーも違反?通話と音楽NG行為とイヤホンの関係

カーナビ代わりのスマホ操作は正しく使えば免停回避できる

一見ものすごく厳しくなったのか?と思いきや、そうではありませんでしたね。

違法した場合の罰則はかなり厳しくなりましたが、運転中のカーナビ操作については、安全を考えればとうぜんのことですよね。

ふつうに、上記でまとめたことを守って使えば、何の問題もありません。

事故は自分も相手も不幸にしますので、じゅうぶん注意して運転しましょうね。