【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

ながら運転ハンズフリーも違反?通話と音楽NG行為とイヤホンの関係

2019年の国会で「道路交通法」が改正され、2019年12月1日から適用されます。

「スマホのながら運転」をした場合の罰則や違反点数が厳しくなりました。

運転中、スマホで電話するのは違反ということは分かりますが、では「手にスマホをもたないハンズフリー通話」は違反になるのでしょうか?

世間では色々なウワサが飛び交っていて、「都道府県によってちがう」「イヤホンで捕まった」などの声もあがっています。

このページでは「スマホのハンズフリー通話は違反になるのか?」「違反になるとしたら、どんな場合か?」などをわかりやすくまとめています。

【スマホのながら運転】運転中のハンズフリー通話は違反になる?

運転中のハンズフリー通話は、原則として違反にはなりません。警察の方もそう認識されているようです。

ただ、やはりカーナビと同じで電話相手に夢中になってしまうと、安全運転がおろそかになってしまいがちです。

緊急以外は、なるべく車を停車させてから、落ち着いて電話をしたほうが良いでしょう。

手にもって操作したら違反

運転中にスマホを手にもって操作したらアウトです。

信号まちで停車しているときは「運転中」には該当しないので、どうしても用事があるときは停車中にパパッと終わらせるか、どこかに停車させてからにしましょう。

信号まちでスマホを触るのは違反ではありませんが、青信号になったのに気づかなかったり、それによりクラクションを鳴らされたりしてトラブルにつながるので、運転中はスマホをさわらないのが一番です。

それに、あわててスマホを手にもったまま発進させてしまうと、その時点で違反になりますよ。

どうしても触りたい場合は、やはりどこかに停車させて落ち着いてからにしたほうがいいですね。

違反を回避!運転中のハンズフリー通話はこちらがオススメ

【スマホのながら運転】運転中にイヤホンで音楽は違反になる?

まず「運転中にイヤホンなしで音楽を聞く」のはOKです。

スピーカーとか車に搭載してるプレーヤーなどで聞く場合ですね。

つぎに「運転中にイヤホンで音楽を聞くこと」ですが、なるべくやめておきましょう。「イヤホンで音楽を聞くこと自体が違反」ではないのですが、下記のように注意が必要です。

とくに両耳イヤホンやヘッドフォンは違反

運転中のイヤホンで違反になる行為は「運転中に周囲の音が聞こえにくい状況をつくっていること」です。

「イヤホンをしていること自体」ではないのですね。

両耳をふさぐイヤホンやヘッドフォンは違反になります。

両耳をふさいでいるのですから、とうぜん音は聞き取りづらくなっているはずです。

「クラクション」「踏切の音」「緊急車両のアナウンス」「サイレン」「警察の指示」などが聞こえないと事故につながる可能性が高くなります。

ほかにも「道路近くで騒いでいる子どもの声」など、聞こえていないと危ないですよね。

そんな風に、イヤホンによって「運転中に周囲の音が聞こえにくい状況をつくっている」と、違反行為とみなされます。

片耳イヤホンで小さい音量で聞いている場合は、注意だけで終わるかもしれませんが、保障はできません。

周囲の音が聞こえない大音量は違反

イヤホンなしで音楽を聞いている場合も、注意が必要です。

上で記載しているように、外の音が聞こえづらいほどの大音量だとアウトです。

たまに外まで音がもれている爆音カーを見かけますが、危険ですし違反で捕まる可能性が高いと思います。

音楽は大音量で聞きたくなるのは分かりますが、音楽に集中しすぎて運転がおろそかになるとキケンです。

周囲の音が聞こえづらくなるほどの大音量はやめましょう。

【スマホのながら運転】運転中のハンズフリーが違反になるかは都道府県で違う?

「運転中のハンズフリーは違反にならない」といいましたが「都道府県によって違反になる場合とならない場合がある」という声も聞こえます。

そこで、じっさいはどうなのか調べてみました。

結論からいうと「運転中のハンズフリーが違反になるかどうかは、都道府県によって違わない」です。

どの都道府県でも道路交通法では「ハンズフリー自体は違反ではない」のです。

ただ、都道府県によっては「イヤホンを使うことによって周囲の音が聞こえづらい状況で運転をする」行為を「規則で明確に禁止」しているところがあります。

そういった都道府県は取り締まりが厳しく、片耳イヤホンでも注意を受けたり違反とみなされる可能性も高いです。

キケンを回避するためにぞれぞれの地域が決めていることなので、仕方ありません。

ほとんどの都道府県で「イヤホンを使うことによって周囲の音が聞こえづらい状況で運転をする」行為を「規則で明確に禁止」しているので、イヤホンは使わない方がいいですね。

カーナビと一緒で線引きがビミョウな部分も多いので、スルーしてくれる場合もあるとは思いますが、絶対違反にならない!という保証はできません。

運転中のカーナビは違法?スマホをナビ代わりに使う人も必見

カーナビ代わりにスマホ操作はながら運転で違反?免停の回避方法

まとめ

じっさいは警察の方の裁量にもよると思います。

あまりに堂々と会話していたりすると「運転に集中できていない」と判断され、注意されたり違反になったりする可能性もあります。

結局はハンズフリーOKでも、できれば運転中は通話などしない方が良いです。自分では気づかないうちに、相手に気がいって運転がおろそかになっていますよ。

信号や飛び出し、ほかの車の突然の車線変更などに気づくのも遅れてしまいます。

「めんどうだ」と思う方もいるかもしれませんが、命を守るために大切なことです。

きちんと守って安全運転を心がけましょう。