自宅で美味しいカニを味わう!

カニ味噌とは脳みそ?どこの部分?どんな味がするの?

カニ味噌とは脳みそ?どこの部分?どんな味がするの?

  • カニ味噌とは脳みそなの?
  • カニ味噌ってどこの部位?どこの部分?
  • カニの脳みそはどこにあるの?
  • カニ味噌はどんな色をしてるの?緑や黒は大丈夫?
  • カニ味噌ってどんな味がするの?

カニ味噌は「好き」「嫌い」が分かれる食材のひとつです。

ちょっと独特な味わい「カニ味噌はカニの脳みそなの?」と思っている方も多いです。「脳みそっぽいから食べるのちょっとイヤかも・・・」と感じている方もいます。

人の好みはバラバラなので苦手だという方もいますが、美味しいカニ味噌を食べてヤミツキになった方も多いんですよね。

このページではそんな「カニ味噌」についてご紹介していきます。

カニ味噌はどこの部分?脳みそではない!

カニ味噌はカニの脳みそではありません。

「カニ味噌」というと「脳みそ」をイメージする方も多いですよね。ですがカニ味噌は脳みそではないんです。

ではいったいどこの部分なのか?というと・・・「カニ味噌=カニの内臓(中腸腺)」なんですね。

私たちヒトには「肝臓(かんぞう)」「膵臓(すいぞう)」などの内臓がありますよね。カニにも同じような内臓があり、名前を「中腸腺(ちゅうちょうせん)」といいます。中腸腺は肝臓・膵臓と同じような働きがあるので「肝膵臓(かんすいぞう)」と呼ばれる場合もあります。

カニ味噌は脳みそ?ではなく中腸腺という内蔵

中腸腺(肝膵臓)は食べ物の消化を助けたり、栄養をため込んだりするのに必要な器官です。たっぷりエサを食べてしっかり栄養を吸収した蟹は、身がズッシリとつまって旨みも凝縮されています。美味しいカニに育つためにも中腸腺は大事な部分なんですね。

栄養をため込むのに重要な器官なので「中腸腺=カニ味噌」には栄養やカニの旨みが凝縮されているんですね。

カニの脳みそはどこにあるの?

カニ味噌は脳みそではないということが分かりました。では、カニの脳みそはどこにあるのか?という問題ですが・・・

カニには「脳みそ」がありません。代わりに「頭部神経節(とうぶしんけいせつ)」という器官があり、ヒトでいう脳みそのような役割をしています。頭部神経節は両目と口の近くにあります。

カニの脳みそはどこ?

カニをいきたままゆでるときは、口の近くを打ちつけて頭部神経節を刺激⇒脳しんとうを起こさせてからお湯に入れます。カニの「自切(じせつ)」をふせぐためです。

カニの自切(じせつ)とは?

カニは敵におそわれたり危険がせまったとき、自分で脚を切り落として逃げることがあります。この行動を「自切」といいます。

トカゲなんかもそうですね。「トカゲのしっぽ切り」はけっこう有名ですが、カニなどの節足動物も行なうんですね。

売られているカニを見ると、ゴムで縛られていることが多いですよね。

縛られているカニ

コレは輸送中に暴れてほかのカニを傷つけるのを防ぐ・脚をまとめて見栄えをよくするなどのほかに「自切」を防ぐためでもあるんですね。

輸送中に脚がとれてしまったものは「訳あり」としてまとめて安く売られたりしています。

カニ味噌はどんな色?黒や緑って大丈夫?

カニ味噌の色は「オレンジ」「黄色」「明るい茶色」「緑」「黒っぽい」などがあります。

カニ味噌の色は「鮮度」「何を多く食べて育ったか?」で変わるんです。カニのエサは「プランクトン」「魚」「貝」「海藻」などさまざまです。

魚介類を多く食べた場合のカニ味噌

魚介類をたくさん食べた場合のカニ味噌は「オレンジ」「黄色」「明るい茶色」のような色が多いです。

魚介類を多く食べるカニのカニ味噌の色

たとえば「毛ガニ」は貝など動物性のエサをよく食べます。そのため、毛ガニのカニ味噌は黄色っぽい、オレンジっぽい、明るい茶色などをしていることが多いです。

海藻類を多く食べた場合のカニ味噌

海藻類をたくさん食べた場合のカニ味噌は「緑がかった色」「黒っぽい色」が多いです。

海藻類を多く食べるカニのカニ味噌の色

たとえば、ズワイガニは雑食で海藻類もよく食べます。そのためズワイガニは黒っぽい&緑がかったカニ味噌のことが多いです。

「黒っぽいカニ味噌はまずいのでは?」と思われがちですが、そうではありません。単に「エサの違いで色が変わるだけ」なので気にしなくてOKです。どちらも美味しいカニ味噌ですよ。

鮮度の良いカニを選べばカニ味噌も良い状態なので、色はあまり気にしなくても問題ありません。「鮮度の良いカニ」「エサをたくさん食べて大きく立派に育ったカニ」を選びましょう。

カニ味噌はどんな味がするの?

「カニ味噌はどんな味がするのか?」ということを説明するのは難しいですが・・・

良質なカニ味噌は甘くてコクがあり濃厚な味わいです。独特な風味があり、少しビターな感じもあります。安っぽいカニ味噌は甘くなく単に苦かったりします。

食感は「ウニ」に似ているかもしれません(味はまったく違いますが)。「ウニが苦手な人はカニ味噌も苦手」という場合がありますが「ウニは苦手だけどカニ味噌は好き」という場合もあるので、カンタンには言えません。

とはいえ、牡蠣やあん肝が好きな人はカニ味噌も好きだったりしますね。カニ味噌は内臓なので、レバーやフォアグラが好きな人にも好まれる気がします。

カニ味噌は独特な味わいのする珍味(ちんみ)であり、必ずしも万人受けする味ではありません。苦手な人は苦手ですし、好きな人はカニ味噌だけ食べたいほど大好きです。

とりあえず、自分で食べてみるのがいちばんですね。初めて食べた味で好き嫌いが決まることが多いので、カニ味噌を食べるのであれば多少お高くても品質の良いものを選びましょう。

カニ味噌ではないですが、独特な食べ物・・・たとえば豚足やジビエなどもそうですよね。

「嫌いだったけど名店の豚足を食べたらこんなに美味しいのかと驚いた!」「イノシシは生臭くて苦手だったけど新鮮なものを食べたらめちゃくちゃ美味しくて好きになった」などの声もよく聞かれます。

カニ味噌を食べるなら新鮮なカニの甲羅盛りがオススメですが、比較的安く手に入るチューブや瓶、缶詰などもあります。回転寿司のカニ味噌はチューブなどのカニ味噌が使われていることが多いようですね。

まとめ

今回はカニ味噌についてご紹介しました。

  • カニ味噌はカニの脳みそではなく「内臓(中腸腺)」である。
  • カニには脳みそがない。代わりに「頭部神経節(とうぶしんけいせつ)」が脳の役割をする。
  • 魚介類を多く食べるカニのカニ味噌:オレンジ・黄色・明るい茶色など。
  • 海藻類を多く食べるカニのカニ味噌:緑がかった色・黒っぽい色など。
  • 良質なカニ味噌は甘くてコクがあり濃厚な味わい。