【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

「フーリン・チームE」メンバーの国籍や多彩なプロフィール紹介

日本語版パプリカを歌う「Foorin(フーリン)」はみんな日本人ですが、英語版パプリカを歌う「Foorin team E(フーリン・チームイー)」のメンバーは国籍ゆたかなチームなんです。

メンバーそれぞれが事務所に所属していて、CMなどでも活躍しているんですよ。

このページでは、そんなパプリカ英語バージョン担当「Foorin team E(フーリン・チームイー)」のメンバーについてまとめています。

彼らのことをよく知ることで、より英語版パプリカに親しみがわくと思いますよ ♪

「フーリン・チームE」メンバーの国籍やプロフィール

「Foorin team E」のメンバーは、「Foorin」と同じく5人です。みんなネイティブなんですね。

ハーフの子が3人いるのですが、みんな日本とのハーフなので、日本語も話せるみたいですね。

英語ネイティブ:

英語を母国語として話す人のことです。

1人ずつ国籍やプロフィールを紹介していきますね。

1.Jasmine K(ケー・ジャスミン)

>>ジャスミンのプロフィール  

国籍・出身は?

「日本」と「アメリカ」のハーフ。

 

誕生日と年齢は?

2009年1月25日うまれの10歳(2019年12月時点)

 

パプリカでの担当は?

メインボーカル。

 

芸能事務所はどこ?

株式会社オウサム

 

ジャスミンちゃんはモデル・子役として活躍中です。「イオン」のCMや、「スゴシェル」「きめ。ふわモテアウター」の広告モデルなどもしています。

「Foorin」でいうと「もえのちゃん」のポジションですね。

【ジャスミンちゃんインタビュー】

世界中の人と一緒に、この「パプリカ」を歌って踊って、友だちになりたいです!

出典:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/message/

2.Corban Carrell(コールバン・キャロル)

>>コールバンのプロフィール  

国籍・出身は?

アメリカ。

 

誕生日と年齢は?

2011年10月23日うまれの8歳(2019年12月時点)

 

パプリカでの担当は?

メインボーカル。

 

芸能事務所はどこ?

株式会社シュガーアンドスパイス

 

コールバンくんは、まだ大きなお仕事の経験はないようですが、子役としての活躍が期待されている男の子です。

「Foorin」でいうと「ひゅうがくん」のポジションですね。

【コールバンくんインタビュー】

「パプリカ」のチームみんなで、楽しんでパフォーマンスをして、その楽しさを、見ている人みんなに届けたいです!

出典:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/message/



3.Len Koike(コイケ・レン)

>>レンのプロフィール  

国籍・出身は?

「日本」と「イギリス」のハーフ。

 

誕生日と年齢は?

2007年7月26日うまれの12歳(2019年12月時点)

 

パプリカでの担当は?

コーラス&ダンス。

 

芸能事務所はどこ?

株式会社オウサム

 

レンくんはジャスミンちゃんと同じ事務所の子役で「Foorin team E」のなかでは年長さんですね。

「Foorin」でいうと「たけるくん」のポジションです。

インタビューのコメントも「チームのお兄ちゃん」という感じがしますね。

【レンくんインタビュー】

Foorinが大事に育ててきた「パプリカ」を英語版で歌うことによって、世界中のこどもたちの夢を応援したいです。

出典:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/message/

4.Evangeline True(エヴァンジェリン・トゥルー)

>>エヴァンジェリンのプロフィール  

国籍・出身は?

アメリカ。

 

年齢は?

12歳(2019年12月時点)

 

パプリカでの担当は?

コーラス&ダンス。

 

芸能事務所はどこ?

株式会社シュガーアンドスパイス

 

エヴァンジェリンちゃんはレンくんと同じ歳で年長さんですね。

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」で子役仲間とトナカイ役で出演したり、活躍の幅を広げています。

インタビューも大人びていて「しっかり者のお姉さん」という感じが伝わってきますね。

「Foorin」でいうと「りりこちゃん」のポジションですね。

【エヴァンジェリンちゃんインタビュー】

「パプリカ」を通して愛とやさしさをみんなに伝えたいです。たとえ知らない同士でも、友達があまりいない人にでも優しく接しられる気持ちになってくれたらうれしい。「パプリカ」を聞いた人が喜びを感じ、ポジティブに物事をとらえられるよう願っています。

出典:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/message/



5.Clara Rose(クララ・ローズ)

>>クララのプロフィール  

国籍・出身は?

「日本」と「アメリカ」のハーフ。

 

年齢は?

2013年1月20日うまれの6歳(2019年12月時点)

 

パプリカでの担当は?

コーラス&ダンス。

 

芸能事務所はどこ?

Free Wave

 

クララちゃんは「Foorin team E」のなかでは最年少ですね。

お姉ちゃんのアイラちゃんに続いて、クララちゃんも2歳のころからモデルをしていたそうです。

バンダイ「レミン&ソラン」や西松屋「ウラぽかトレーナー」など、多くのCMに出演しています。

ユニクロやワールドなどのモデルもしているとのことなので、最年少ながら一番お仕事経験がある感じですね。

「Foorin」でいうと「ちせちゃん」のポジションです。

【クララちゃんインタビュー】

「パプリカ」の歌とダンスで、みんなを笑顔にしたいです!

出典:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/message/

「フーリン・チームE」名前の由来と「E」の意味

日本語版パプリカを歌う「Foorin(フーリン)」に「team E(チームイー)」がついて「Foorin team E(フーリン・チームイー)」となります。

「team E(チームイー)」の意味は「English nativeチーム」です。

パプリカの英語版を歌うチームということで「English nativeチーム」がついたのですね。

ヘンに違うグループ名にされるとワケが分からなくなってしまうので、シンプルで良いと思います。

「チーム〇〇」他の国も計画している可能性がある?

ふと思ったのは英語以外のパプリカも、計画しているのでは・・・?」ということです。

今回は英語圏の子どもたちが歌っていて、パプリカの英語版が完成しました。だから「チームE」

つまり、今後ほかのどの言語で歌おうと、グループ名は「チーム〇」でイケるわけです。

たとえばフランス語で「チームF」とかイタリア語で「チームI」とか台湾は何だろう…「チームT(?)」とか。

パプリカはYouTubeでも再生回数がすごくて、すでに2億再生を超えてます。

いろいろな国の方が聞いているはずです。

オーディションしたら、歌いたい子どもたちがたくさん集まりそうですね。

日本語版も大好きですが英語版も素敵なので、きっとほかの言語で歌っても、また違った魅力が出ると思います。

「フーリン・チームE」は2019年紅白歌合戦にも出場

「Foorin team E」は「「Foorin」といっしょに、2019年紅白歌合戦に出場します。

10人でのパプリカ、楽しみですね。

日本語で歌うのか、日本語と英語どちらも歌うのかまだ分かりませんが…10人で踊るパプリカはいつもよりにぎやかになりそうですね!

「パプリカ」と「Paprika」は、フォーメーションは違いますが、振り付けは同じです。

10人でのフォーメーションは難しいかもしれませんが、ダンスは同じなのであわせやすいんじゃないかな?と思います。



 

米津玄師さんは英語版パプリカでもコーラスを担当しているので、いっしょに参加してくれたらうれしいですよね。

パプリカ英語版「米津玄師バージョン」についてはコチラ

パプリカ英語版は米津玄師バージョンフルある?いつ公開か予想

パプリカ英語版の放送日についてはコチラ【みんなのうた】

「フーリン・チームE」のメンバーは誰が選んだの?

「Foorin team E」のメンバーは「オーディション」により、米津玄師さんに選ばれた子どもたちです。

米津さんが選ばれただけあって、5人ともパプリカの雰囲気にピッタリです。

オレンジの衣装もよく似合っていて、可愛らしいですよね。

英語が話せるメンバーばかりなので、世界とのかけはしにもなれそうですね!

パプリカ英語バージョンはなぜ生まれたのか?

「日本のこども達から、世界のこども達へ、大きな輪をひろげていきたい」。

そんな思いから、パプリカ英語バージョンは生まれたそうです。

ここで注目すべきは「世界の」というところ。

やはり今後、英語以外のパプリカを聞く日が訪れるかもしれませんね。

世界中の言語といえば、「ヘタリア」を思い出しました。

「ヘタリア」とは?

ご存知の方もいると思いますが、「ヘタリア」とは「国を擬人化」した漫画です。

アニメ化されたときのED曲が「まるかいて地球」という歌で、それぞれ国ごとに「まるかいて地球」を歌って大きな話題になりました。

公式はみんな日本語で歌うのですが、一般の方たちが母国語で歌ってそれぞれアップしていたのが印象的でした。

パプリカも、いろいろな言語で歌ったら楽しい企画になるだろうな~と思ったしだいです。

「フーリン」も「フーリン・チームE」も応援しましょう

まずは2019年紅白歌合戦に「フーリン」「フーリン・チームE」が出場するので、テレビの前で応援しましょう。

子どもたちは何も言わなくても正座待機していそうですが…(笑)

2019年度の紅白歌合戦は、パプリカ効果で子どものいるご家庭の視聴率がグーンと上がりそうですね。