【お得に旅行】Go Toキャンペーンとは?

【ダイの大冒険】アニメ打ち切り理由は「ムーブ」にあった?

「DRAGON QUEST ダイの大冒険」が2020年の秋に再アニメ化されることが決定しましたね!

2019年12月21日(土)の「ジャンプフェスタ」で特別映像とともに発表されました。

「ダイの大冒険」は一度アニメ化されているので、今回は「再・アニメ化」になります。

1番最初のアニメ化は、放送局が「TBS」で、アニメ放送期間は1991年10月~1992年9月でした。

アニメは視聴率もよくて人気だったのですが、中途半端な感じで終わってしまったんですよね・・・。

そのため、「ダイの大冒険アニメは打ち切りだったの?」とウワサされることも。

決して「人気がなかったから」というわけではなく、とある理由があったそうなんです。

今回は、再アニメ化を記念して(?)「ダイの大冒険」のアニメが打ち切りと言われる理由を調査してみました。

「ダイの大冒険」アニメ打ち切りと言われる理由は?

「ダイの大冒険」のアニメが打ち切りというか、中途半端に終わった理由は、テレビ局(TBS)の都合だったようです。

くわしく説明すると「ダイの大冒険」を放送している時間枠に、アニメではなく「バラエティ番組」を入れたかったようなんですね。

そのため、「ダイの大冒険」はアニメが人気があったにもかかわらず、急いで終了。

代わりに「ムーブ」というバラエティ番組が始まったそうです。

「ダイの大冒険」はゴールデンタイムに放送されていたので、バラエティ用にその時間帯が欲しかったんでしょうね。

「ムーブ」というバラエティ番組は月曜日~木曜日まで放送するバラエティ番組で、企画自体は人気が出たそうですが、「ダイの大冒険」がむりやり終わらせられたのはちょっと・・・ですね。

さらに、もう少し深くつっこむと、もともと「ダイの大冒険」のアニメは1年間放送する予定でした。

ですが、人気があったので放送期間を延長することになったんですね。

延長することを前提にシリーズ構成を進めていたのですが、「ムーブ」をやるということで、当初の予定どおり1年間で終わることに。

このままだと「竜騎衆」が登場したあたりで終わってしまうので、原作者とスタッフで相談し、構成が急きょ変更になりました。

(ダイの記憶がバランに消される部分を変更して、ダイがバランを追い払うところで終了)

けっきょく、「打ち切り」とは少し事情が違っていたんですね。。。



竜騎衆のキャラクターデザインもできていた

東映のスポンサーやタカラもアニメを続けるつもりだったようです。

そして竜騎衆のキャラクターデザインや、人形の試作なども残っていたそうですよ・・・。

せめて、ほかの時間帯にお引っ越しすればよかったんですけどね・・・。

なぜなのか・・・TBS・・・。

「ダイの大冒険」再アニメ化の特別映像はこちら

「ダイの大冒険」新しいアニメの映像が届きました。

ワクワクしますね!

「ダイの大冒険」再アニメ化についての反応

ダイの大冒険が無料で観られる?

1991年に放送された「ダイの大冒険」は動画配信サービス「U-NEXT」で観ることができます。

配信期間は2020年12月31日23:59までのようですね(2020年3月20時点)。

「ダイの大冒険」は今のところ「見放題作品」なので「31日間無料おためし」に登録するだけで、タダで観ることができます。

やったね!

「U-NEXT」31日間無料おためしはコチラ

「U-NEXT」のくわしい内容については「映画・ドラマ・アニメ・漫画が豊富に楽しめる!U-NEXTのメリット11個をご紹介」にまとめています。

【U-NEXT】自宅がまるで映画館!映画もドラマもアニメも楽しめる

まとめ

今回は『「ダイの大冒険」アニメ打ち切りと言われる理由は?視聴率が原因か?』と題しまして、人気のあった「ダイの大冒険」アニメがなぜ打ち切りと言われるのか、について調べてみました。

もう一度アニメ化してほしい!というファンの声援が多かった「ダイの大冒険」。

ようやくアニメ化が実現できてよかったです。

ストーリー構成や作画など、丁寧につくってもらえるとうれしいですね。